2009年07月10日

新社長:田上明

プロレスリングノアの三沢光晴社長の死去により、新たなノアの社長が決定しましたね。
あの「ダイナミックT」でおなじみの(?)田上明が新社長とのことです。

田上明といえば、全日本プロレス時代の川田利明とのタッグが印象深いです。
とにかくタッグ戦に強い印象がある選手ですね。
何度もタッグベルトを巻いた選手です。

タッグに強いということは、それだけ周りが見えているということにもつながるでしょうから、期待できるかもしれませんね。

ただ、ノアの経営状態はあまり良くないんだそうです。
聞くところによると、20億円の売り上げがあるのに利益は1,000万ほどしかないんだとか。
そこで、今年の4月から地上波から撤退。年間1〜2億円という放映権料がなくなってしまったということで、厳しいことになりそうです。

プロレスは冬の時代を迎えていますが、まだまだ私を含めてファンは潜在的には多いです。
がんばっていってほしいところですね(^^)
posted by スナイパー at 03:16| Comment(0) | プロレスな話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

三沢光晴:特番

だいぶ話題的には遅くなりましたが、ノアの三沢光晴が亡くなりましたね。
私は全日本プロレスのファンですから、彼のレスリングにはかなり思い出があります。
彼のライバルだった川田利明戦で放った“タイガードライバー91”の衝撃はいまだに忘れられません。

そういえば、日テレで7月5日(4日の深夜)に三沢光晴の特番があるようですね。
プロレスの発展を願いつつ観ようと思います。

Tiger Driver 91
posted by スナイパー at 18:07| Comment(0) | プロレスな話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

三沢光晴の死

三沢光晴が亡くなってしまいましたよね。。。
私としましてもかなりのショックでした。

彼の試合といえば名勝負がとても多かったです。
たとえば、ジャイアント馬場&スタンハンセンVS三沢光晴&小橋健太の「夢のタッグ」と銘打たれた試合はいまだに私の中で輝いています。

また、三沢光晴が敗北した、スティーブウィリアムスとの三冠戦の衝撃はいまだに忘れられません。
ウィリアムスのバックドロップを2発くらって三沢が負けるという一戦でした。
いま見てもウィリアムスのバックドロップはすごいですね。
こちらは小橋健太との一戦で放ったウィリアムスのバックドロップ3発です。


三沢光晴の冥福をお祈りいたします。
posted by スナイパー at 03:27| Comment(0) | プロレスな話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。