2010年06月24日

ウィンブルドンで最長試合!10時間!3日目に突入!

ウィンブルドンで最長試合が更新されたそうです。
男子シングルス1回戦のジョン・イスナー(米国)とニコラ・マユ(フランス)の試合なのですが、1日目は4セットまで終了し日没で次の日へ突入。
ここまでは珍しくないのですが、問題の2日目にすごいことが起こります。

最終セットの第5セットから開始になるのですが、その第5セットが全く決着がつかないんです。
59ゲーム対59ゲームの全くのイーブンでこの日も日没で決着がつかず。

これで10日間の計10時間を戦っても決着がつかない。。。

2日目の最後の方は双方ともに疲労を隠せない状況となっていて可哀そうでもありましたが、まさに根性の戦いですね。
ここまで来たら負けられないという二人の思いがここまでさせるのでしょう。

イメージとしたらマラソン。42.195キロを走ってもまだ隣で走っている、という感覚なんだろうな〜。

とにかく3日目の本日は決着がつくでしょうから、二人とも全力を出して悔いのないようにしてほしいです★
posted by スナイパー at 19:01| Comment(0) | テニスな話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

ロディックに拍手!

今年もウインブルドンの決勝は死闘となりましたね。
去年は、ナダルがついにフェデラーからウインブルドンにて勝利するという感動的なものでした。
ものすごい長丁場の試合でしたよね。

そこで今年ですが、そのナダルが欠場ということで、圧倒的にフェデラーが優位。
その大方の予想通りに決勝まできました。

決勝はフェデラー対ロディック。
皆さんもそうだったと思うのですが、私も圧倒的にフェデラー優位。
1セットもロディックがとれないのではないかとも思いました。

しかし開けてみたら、ものすごい試合となりましたね。
今年も4時間を超える死闘!
特にロディックのサーブゲームに対する集中はものすごいものがありました。

結果的にはフェデラーに軍配が上がりましたが、この大会、もっとも我々を感動させてくれたのがロディックとなりましたね。
ナダルの怪我がどの程度か分かりませんが、フェデラー・ナダル・ロディックの3強がこれからのテニス界を盛り上げてくれることは間違いなさそうです(^^)
posted by スナイパー at 03:18| Comment(0) | テニスな話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。